こんにちは。税理士の日高です。

法人企業の経営者様・経理担当者様に向け、
シリーズでお伝えしている「税務調査への対応」について

今回は、税務調査が始まる前に準備すべき帳簿・書類について
前回よりも詳しくお話いたします。

税務調査が始まる前になぜ帳簿・書類を準備すべきなのか?

調査当日、帳簿・書類が書庫や金庫あるいは代表者の自宅等に置いてあると、
調査官は、その保管場所まで付いて行くことがあります
その保管場所にたまたま調査官が関心を寄せる書類があったりすると、
その書類の検討を始めることとなり調査が長引くだけです。
よって、帳簿・書類は、速やかに提出できるよう確実に手元に準備しておいてください

税務調査が始まる前に準備する書類

具体的に準備する書類は、以下の通りです。

  • 原則過去3期分の法人税申告書、決算書、決算内訳書
  • 消費税申告書、消費税計算明細書
  • 総勘定元帳
  • 売上関係…売掛帳、請求書、領収書控え、注文書、見積書の控え、納品書の控え
  • 仕入関係…買掛帳、請求書、領収書、注文書控え、見積書、納品書
  • 棚卸表(実地棚卸表などの原紙も含む)
  • 経費関係…経費帳、請求書、領収書
  • 給与関係…賃金台帳、出勤簿やタイムカード、源泉徴収簿等の年末調整関係書類
  • 各種手当・給付金の社内規程
  • 現金出納帳(調査日直前の現金有高と必ず一致させておくこと)
  • 銀行口座(通帳記帳を済ませておくこと)
  • 各種契約書(収入印紙が正しく貼付されているか確認しておくこと)
  • 保険証券
  • 重要事項を決定した際の稟議書
  • 定時株主総会議事録、臨時株主総会議事録、取締役会議事録
  • 登記簿謄本
  • 定款

当事務所では税理士(国税OB含む)をはじめその他の会計スタッフが、
お客様の税務調査対応をご支援します。
税務調査の際にはご相談ください。

⇒次は「税務調査(法人税)への対応:6.税務調査の実施場所について(5月12日更新予定)」につづく

「税務調査への対応」に関する記事はこちらからまとめてご覧いただけます。


〈 お客様の利益を守る、納税者の権利を護る 〉
税理士法人武内総合会計
〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8-20
TEL:092-781-0251(代表)/FAX:092-781-0353

サービス内容:
税務顧問、相続税・財産管理、税務調査、事業計画サポート
資金調達支援、会社設立支援、アウトソーシング、確定申告、
IT支援業務、事業承継コンサルティング等

サービス提供エリア:
福岡県、宮崎県、鹿児島県、その他九州各地
※その他のエリアの場合もご相談ください。