Q&A

税編

毎月の役員報酬額を変更したいのですが?
役員に対して毎月支給する給与は毎月定額(定期同額給与)でなければ原則として損金算入されません。役員報酬額を改定する場合には次の3つの場合のみ不定期な給与として取り扱わないことされています。

(1)事業年度開始後3か月以内の改定
事業年度の開始後3か月以内に株主総会等の決議を受けて役員報酬額を変更した場合

(2)臨時改定事由による改定
役員の職制上の地位の変更(代表取締役の変更など)など職務内容に重大な変更があった場合

(3)経営状態の著しい悪化による改定
法人の経営状況が著しく悪化したことその他これに類する理由により改定され役員報酬を減額した場合(単なる売上の減少や一時的な資金繰りの悪化ではこの事由にはあたらないとされています。)

通常、役員報酬額を変更する場合には、上記のように事業年度開始の日から3か月以内(4月1日~3月31日事業年度の会社の場合には4月~6月末までとなります。)に変更しないと、この期間を過ぎての増額又は減額された部分は損金不算入となります。

このページの先頭にもどる

税務上役員退職金の算定方法を教えてください。
会社が退職した役員に支払う役員退職金は会社の費用として原則損金算入が認められます。
ただし、同族会社の場合には役員退職金は会社の利益調整項目として利用される場合が多いので、法人税では過大に支払った役員退職金に対して損金算入に制限を置いています。(過大役員退職金の損金不算入)

損金に算入されない退職金は過大とみなされた部分の退職金額で、税務上認められた退職金部分は損金に算入されます。
税務上役員退職金として認められる額を算定する場合には一般的には下記の算式が用いられます。

役員退職金額=退職時役員報酬月額 × 役員在任年数 ×  功績倍率

ただし、上記の算式は税法上定められている算式ではありません。
あくまでも一般的に用いられている算式であるため、ほかに妥当と思われる基準で支払われる退職金であれば税法上も認められる場合もあります。
功績倍率は、役員の職務上の地位によって決定されますが一般的には下記のような倍率が用いられます。

・代表取締役会長・社長:3倍
・専務取締役:2.5倍
・取締役:2倍

【実際に役員退職金を支払う場合に必要な規定・議事録】

役員退職金を支払う場合には、定款による定めを置いていない場合には株主総会の決議が必要になります。
中小同族会社では株主総会は実質的には開かれないのが通例ですが、役員退職金を支払う場合には必ず株主総会議事録だけは作りましょう。

また、通常、株主総会ではいくら支払うといった役員退職金額の決定をしません。
役員退職慰労金規程などを参考に取締役会で決定するのが通常になっています。
その為、役員退職金額を決定した取締役会議事録も必要になります。
税務調査時には、株主総会議事録、取締役会議事録、役員退職慰労金規程などの提出を求められるのでこれらの書類は退職金を支払った時に作成しておきましょう。

このページの先頭にもどる

業務編

現在、業務に関する質問はありません。

武内総合会計グループ

  • TTSコンサルティング株式会社
  • 武内マネジメントオフィス
  • どんたく会計
  • 武内総合会計 相続専門サイト

PAGE TOP